吉祥寺行列店♥️タレカツ♥️都内に3店舗!!美味しい&お得すぎ!!!

最近吉祥寺開拓中(*^-^*)

 

そこで、いつも行列で気になっていたお店でランチ🎵

タレカツ

場所は、吉祥寺駅南口から、バス通りの商店街を西側(三鷹方面)に徒歩2分。

 

タレカツ=
新潟のカツ丼やさん

 

新潟カツ丼って?

サイトから引用しました↓

開港五港のひとつ「みなとまち」新潟市は、古くから西洋料理の盛んな街。

その新潟市で長いあいだ食されてきたのが卵でとじない「タレかつ丼」です。

タレかつ丼は、揚げたての薄めのとんかつを“甘辛醤油ダレ”にくぐらせて、ご飯にのせただけのシンプルなもの。

日本人の大好きなタレ味と西洋料理のとんかつとが、炊きたての新潟米の上で一つになった新潟市発祥のかつ丼です。

新潟カツ丼はタレが命!

タレカツのタレは、大豆を天然酵母で醸造した最高級の「有機醤油」に砂糖や特製スープを日々注ぎ足した秘伝のタレ((o(^∇^)o))!

時間と共にタレにとんかつの旨み成分が溶け込んで熟成を重ねて、ますます美味しくなってます🌟

厳選の豚肉で作ったこだわり豚

安全で栄養価の高いエサで育てられた

和豚もちぶた」を使用。

 

新潟へのこだわりがお米まで!

産地直送 新潟産100%のこしいぶきを“おいしい水”でちょっと硬めに炊きあげるこだわりさ🌟

 

お店の雰囲気は?

店内は渋い喫茶店や洋食店のようで、レンガの壁やステンドグラスのペンダントライト等雰囲気たっぷり。

 

カウンター10席ほどで、2人掛けのテーブルが2席ほど。

↓メニューはコチラ

特選ヒレ肉にひかれて、ヒレカツ丼をチョイス♥️

 

到着!!

メインのカツは、秘伝のタレがしっかり染みながらもサクッとしています。

日々注ぎ足した秘伝のタレは、甘めだけど、サラッとしてます((o(^∇^)o))♥️

四枚のタレカツをペロリと食べちゃいました♥️

🌟タレカツの起源はカツレツ

「明治の三軒」と言われた洋食店の一つが今も新潟市に存在します。
豚肉など薄いスライス肉にパン粉をつけてソテーしたカツレツ(英語で「cutlet」)は、当時の代表的な西洋料理でした。タレカツ丼のカツが薄いのは、このカツレツを起源としているためといわれています。
※公式HPより抜粋

だから、店内がオシャレな感じだったのですね(о´∀`о)♥️

 

おいしかったぁ(o(^∇^)o))

Advertisement

 

Instagramでも配信中🌟限定情報あり(’-’*)♪

Instagramをフォローすると、更新情報が届きます( ・∇・)ぜひフォローしてくださいね🎵